ロシアンピアニズム, 体の仕組み

腕の軸

テクニックを考えるにはまず体の構造を知る必要がある。
体には軸があり、その軸を中心に動かしている。
体全体だと背骨が軸だと言える。

ネイガウスも次のように言っている。

人間の手には、芯、軸があります。この周りを、手は動くことができます。

*ネイガウスのピアノ講義より引用

では、腕にとっての軸とはどこだろう。

人差し指が腕の軸である

これを理解していなければテクニックを指のみの力で解決しなくてはならなくなる。
親指を使う時も、小指を使う時も、この人差し指が軸にあるという考え方がなければ音は美しく響かない。おそらく日本でピアノを習ったほとんどの人は、親指が軸にあるかと思う。
いかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です