体の仕組み

点と点が繋がる景色

バレエダンサーの優雅さ、日本舞踊の可憐さ、古武術のしなやかさ。

こういった形容が一流のピアニストにも当てはまるとずっと思っていた。

最近は、体幹を意識した体の使い方。
つまり腕や足を分離させて動かす器用さではなく、体が一体となって動く意識をレッスンでもやっている。
そこでは、立ち方、座り方、物の持ち方、歩き方、あらゆる仕草を例に出しピアノ演奏に反映させようとしていた。

もともと古武術や合気道といった筋力を鍛えるとは正反対の、体をいかに効率よく動かすかといった分野に興味があり研究をしていた。最近になりそれらとピアノ演奏に多くの共通点を見いだすことができてきた。

バレエで習う手の形も虫様筋を意識した正しい体の使い方に不可欠なものである。ヨガの手の形もそうである。
そして古武術でさえも、手の形がとても大切なのである。

以下の動画からそのことが見て取れると思う。
特に6分30秒からのそれは完全にロシアピアニズムの手の使い方であり、古武術でも虫様筋を意識した手の形を作って、体を連動させていることが分かる。

日本では、体をバラバラに使うことを習うが、そうではなくいかに一体化させるか、そのためには手の使い方から見直す必要があるのだ。
こういったことは、本気でピアノを上手くなりたい人だけが分かればそれでいいのかもしれないが、私は少しでも広まるよう活動していきたいと思っている。

2 thoughts on “点と点が繋がる景色

  1. 初めまして。

    いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

    生徒さんが三ヶ月で 別人のように成長されてる動画を見つけてから、食い入るように動画とブログを見させていただいてます。
    音色から歌い方から 全てが素晴らしくレベルアップされており、特に、ご自分の音をしっかり聴きながら演奏されている様子が見て取れて、感動しました。

    ピアノの奏法について、調べれば調べるほど 様々な 時には全く逆の意見などあり、迷い子になりがちでしたが
    黒木様の記事は ほんとうに真実のように思います。

    今回の記事、リンク先の動画を見て、また目から鱗です。

    思ったのですが、子供の頃に 「卵を握るように」と みんな習いましたが、それが昨今、否定されるようになってきてた?ように感じていたのですが
    この動画を見ると 「卵を握るような形で」というのは あながち間違いではなかった、ということになりますでしょうか?

    1. あやこ様

      コメントありがとうございます!
      それぞれ美しいと思う音は違うかと思いますが、少しでも悩んでいる方々の手助けになればと思っております。
      私の考えとしましては、卵の形を作ることが大切というよりは、その手の形にして、どのような音色を出したいのかが目的になっていると、尚良いかと思います。
      見た目には同じ形でも意識の仕方で緊張の仕方が180度変わってしまうことがあるので、私自身も慎重に生徒に助言している次第です。主観的な意見としましては、大切なのは意識の仕方で、その結果が形に現れているといった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です