音楽について

音楽は抽象的 テクニックは具体的

私は音楽の伝統的なルールなどは教えても音楽自体を教えることはしない。
本当にイメージがつかめない時などは、少し助言してイメージを与えることはあるが、それすら本当はしたくない。

音楽のイメージを生徒に伝えすぎる教師に私はあまり良い印象を持っていない。
楽譜を見ると「〜のように」と多く書き込みがあると、生徒は弾いていて楽しんでいるのか不思議に思うことさえある。
他人の想像の箱の中で演奏することほど、つまらないことはないからだ。

音楽の感じ方は人の数だけ無限にある、とても抽象的であり個人的なものなのだ。
何人もそこに立ち入っては、楽しむという原点からずれてしまうと感じる。

しかしテクニックは具体的に説明できないといけない。
自分がやっていることを言葉にして人に説明できないということは、プロではない。

テクニックは、パッセージによっていくつにも細分化されるように見えるが、手の動きだけを見ると単純なのだ。

決まった形の組み合わせ方の差異でしかない。

つまり基礎的なテクニックを教えれば、他は自分でできるのだ。

私はテクニックを言語化して人に伝えることに使命を感じている。

1 thought on “音楽は抽象的 テクニックは具体的

  1. 興味深く拝見させてもらっています。
    こちらの教室はレベルが高そうですが、
    幼稚園児でもレッスン可能なのでしょうか?

    レッスンのイメージが浮かばないので
     レッスン風景の画像、動画や奏法のコメントなどあるといいのかなと思います。

    どんな生徒さんがいるかも気になります。

    最近 ブログの更新がありませんが、もう少し更新していただけるとうれしいです。

たまちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です