音楽について

スタッカート

スタッカート=短く切る

これを言葉通りに弾く演奏を多々耳にする。

スタッカートはニュアンスの問題であり、そのフレーズがレガートではないという事だ。
短く切れという言葉は少し語弊がある。

事実、この様な演奏をすると西洋の音楽家は
「そのスタッカートは乾きすぎている」
と意見するのである。

弦楽器などの演奏を聴くとスタッカートの感覚は手に取るようにわかる。

余韻があるのだ。

スタッカートに余韻があると、日本人の感覚でいうと「鈍い」や「重い」と言った感想を持つ人が多くいるが、
これは間違っている。

スタッカートには余韻があり、心地よいのだ。

タッタッではなく、ポンポンなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です