ロシアンピアニズム

オクターブの弾き方

オクターブというのは避けては通れないテクニックの一つです。

ほとんどの人はただ決められた手の形にして弾いているだけであり、オクターブが美しく響いていません。

オクターブを響かせるには、まず考え方を変えなくてはなりません。

手の形をしっかり決めて外さないように練習するのではなく、親指と小指がそれぞれ別々のニュアンスを持っていると考えます。

 

つまりオクターブは2声であると強く意識するのです。

 

こうして2声であると意識して弾いた時の手の中は、単に手の形だけ決めて弾いてる時と比べると、とても複雑な筋肉の使い方をしています。

オクターブが2声ということは常に意識しなくてはいけません。

そして、これらを行うには手の軸が親指や小指にあってはダメなのです。

軸に関してはこちらをお読みください。

腕の軸について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です