音楽について

フレーズの作り方

フレーズを作るならフレーズを収めてはいけない

いきなり何を書いているのかと思うかもしれないが、フレーズとは収めてはいけないのだ。

オーケストラを聴くと分かるのだが、ピアノのようにフレーズフレーズを収めて、いわゆる丁寧に演奏するということはしない。

フレーズといのは、曲の初めから曲の終わりまで収めることはない。
この考え方があるだけで、ピアノ演奏というのは何倍も芸術性が増す。

私は子供から大人の生徒まで教えているが、フレーズを収めて演奏させることは決してしない。

なぜこれほど収めさせる指導が日本で多く行われているかというと、基本となる音に響がなく角張っており、丁寧に慎重に弾かないとどうしてもフレーズが作れないからだ。

多くの方に理解して欲しいことは、自分の音を見直さない限り、すぐ表現の限界がくるということだ。

自分が持っている音が、表現を限定しているのだ。

黒木ピアノ教室 YOU TUBE動画チャンネルより

フレーズを収めない

フレーズの作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です