音楽について

フレーズの作り方②

ピアノは楽器であるので、鳴らすには運動が伴う。

時には音楽と運動のイメージを一致させると、とても大きく役に立つ。

フレーズを作る上でとても多い間違えが、前回述べた「フレーズを収める」という発想である。

運動もそうである。例えば100メートル走である。

スタートとゴールがあり、そこを走っていくわけだが、皆さんはゴールの時にはどのように走っているだろうか。

全速力で走ってきて、ゴール地点に来た瞬間にピタッと立ち止まる人はいるだろうか?

もしも立ち止まったなら、その瞬間には体にとても大きな負担がかかる。

ピアノも同じである、音楽的なゴールはあるが、そこに向かって止めてはダメなのである。

常に走る抜ける意識がなければその音は途端に硬くなる。

 

そしてフレージングである。言ってみればフレージングとはリレーである。

 

バトンを次のフレーズに渡すわけだが、次のフレーズにバトンを渡した方は渡した後もすぐ立ち止まるのではなく、走り抜けているはずだ。

それが本来のフレーズのつなぎ方である。収めてはダメなのだ。

 

ショパンの音楽は、常にクレッシェンドとデクレッシェンドの間を行き来していた。

 

そのような音楽をするには、ゴールも設けて立ち止まると言う発想を持ってはいけない。

音楽とは、常に浮遊しており、次々につないでいくのだ。そのためには、一音たりとも、立ち止まる音を出してはいけない、常に出した音の後まで走り抜けるのだ。

 

黒木ピアノ教室 YOU TUBEチャンネルより

フレーズを収めない

フレーズの作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です