ロシアンピアニズム

強い指を作るという考え方

ロシアピアニズムでも多く語られる、「強い指」「強い指先」を作るということ。
この言葉からは一切芳醇な音を想像できない。

おそらくこの方法論でピアノを習っている方は、キラキラした音が好きでありレガートの感覚もとても直線的だと思う。
柔らかい音を扱う曲が苦手なのではないだろうか?

答えは簡単だ。指先を意識しているからだ。

指先に意識を集中した段階で耳の聴くという機能は、半分くらい失われてしまう。
問題なのは、本人にはわからないことだ。

演奏する際に指先の感覚は持たない方が良い。
骨は強くならないし、指は鍛えられない。それより大切なことは、手のひらの中の筋肉の使い方である。

この手のひらの中の筋肉の使い方にもコツがある。指を使わずに手のひらだけでゴムボールを押し潰す感覚だ。
決して指を使ってはいけない。手のひらだけで行うのだ。ここにソフロニツキーやホロヴィッツが出す芳醇な音の秘密がある。

黒木ピアノ教室 YOU TUBE動画チャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です