ロシアピアニズム, ロシアンピアニズム

ロシアピアニズム・重力奏法

ホロヴィッツ、アルゲリッチ、ランラン、プレトニョフ、ギレリス、ソコロフ、ソフロニツキー

彼らは、国籍や音楽観は違えど同じ体の扱い方・楽器の扱い方で芸術を生み出している。

日本ではロシアピアニズム、重力奏法、重量奏法などで知られているが、この奏法は日本で禁止されていることだらけであり、実践しようものならすぐに注意を受ける。

小さい頃、私は上に書いたピアニストの演奏が大好きであり、子供ながらにも音楽が歌っていると感じていた。
今は彼等が同じ楽器の扱い方をしていたのだと分かるが、当時はただ魔法にかけられるだけだった。

彼らは座り方も弾き方も全然違って見えるが、体の扱い方と楽器の扱い方の意識が共通している。

彼らの演奏時の手を観察していると、日本で教えられているような指を上げ下げする動きはせず、指自体はほとんど動いてない。その代わりに手首と腕が上下しているのがわかるだろう。
これは楽器の扱い方、腕の重さ、手の筋肉、手首、肘の使い方を知らなければ不可能なことである。

ロシアンメソッドの研究を始めると、それまでと体の使い方と楽器の扱い方があまりにも違い、戸惑った。

ピアノを弾くのに指を使わないのだ。

黒木洋平ピアノ教室 ロシアンメソッド ロシアピアニズム

戸田駅徒歩1分 池袋/新宿/赤羽/大宮からも埼京線でいらしていただけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です