未分類

テクニックを言語化すること

自分がやっていることを言語化できないことには、教師は務まらないと思う。
よく感覚だけでレッスンする光景を目にするが、教師がイメージするものは伝わるが生徒自身の演奏が改善されるかと言ったらそうではない。

たとえその曲が良くなったとしても、根本的な部分が改善されていなければ、他の曲になるとまた一から始めなければならないのだ。ここでいう根本的な部分というのはイメージを音楽に反映させるテクニックである。

教師は自分がどういうプロセスで音楽を理解し、その理解したものを音にしているかを言葉にできないといけない。

そうすることで、生徒はある意味で体系的にピアノを学ぶことができる。
クラシック音楽の学び方を理解するということが、とても大事なのである。

芸術は抽象的だが、テクニックは具体的でなくてはならない。

言語化できないということは、そのテクニックは間違っている。
言語化してみると、いかに自分のテクニックが合理的でないかが見えてくる。
なぜ?なぜ?と常に問いかけ、自己否定を繰り返すことによって上に登っていけると感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です