音楽について

ピアノを歌わせる①

ピアニストにとって一番難しいことだ。

ホロヴィッツでさえピアノの技術で最も難しいのはピアノを歌わせることだと言っていた。

確かに歌うピアノは実在する。日本では一度も聴いたことがなかった。

声楽家の伴奏をすることが多いのだが、彼らはもちろん歌っている。
しかし彼らが歌っている時、体を左右に揺らしたり顔を不必要に動かしたりしない、

つまり歌を縦に捉えているのだ。

この発想はピアノにおいても物凄く大切なことだ。

日本のピアノ教育だとピアノを扱うときは横に扱うように教えられる。

「横に流して」「手を横に移動させながら」「腕を横に」

これらは全て日本的な発想であり西洋音楽をピアノという楽器を使って演奏するには大きな間違いである。
横に扱うと何が悪いかはここでは書ききれないほど多いので、今回は省略する。

そしてもう一つ重要なことがある。

それは歌でもそうなのだが、言葉の発音だ。

次に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です