ロシアピアニズム

指の強靭さ

「なんと柔らかな響きだったか」
「あれほど美しいpを聴いたのは初めてだった」

一流のピアニストを聴いた人は、強靭なフォルテよりも、しなやかさ・柔らかさの感想を語る。

一般的な演奏をしている方は、柔らかさを表現する時に手もブラブラの状態にしていることが多いかと思う。
以前の私も、柔らかい音や弱い音は力を抜いた手で演奏していた。

ショパンのピアニズム、ロシアピアニズムを習得すると、いかに強靭な指が必要かわかる。

指を鍛えることなしに、柔らかい音を手に入れることはできない。

手が弱い人が、「私は柔らかい音質を持っている」など思っていたりするが、芯がなく響きのない音なだけである。

教室にいらした方には、最初のレッスンでまずは手の筋力トレーニングの仕方を伝えている。
トレーニングといっても指ではなく、手のひらと前腕のトレーニングである。

一例を見せるとこんなものである。

このトレーニングも、どこをどう意識するかがとても大切であり、この他にもゴムボールを使ったりしながら手を鍛えていく。

強靭な指は、「手のひら」と「前腕」の筋肉から作られる。

ここがロシアピアニズムの企業秘密といってもいいだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です